×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

京都が愛される理由

京都府は、長年修学旅行の行き先の一つとして定番化していますよね。それだけではなく、老若男女問わず、様々な人々が観光に訪れます。海外志向が強くなった昨今、観光客は減るどころかむしろ増え続けています。
これは凄い事じゃないでしょうか。
ガソリン価格の高騰で海外旅行のコストが大きく増えている今、国内旅行が見直されていますが、その筆頭に立つのが京都府ということになりそうです。
そんな京都府が、何故飽きられる事なく観光名所のトップとして君臨し続けているかというと、それにはいくつもの理由が考えられます。
まず始めに、これまで築き上げてきた実績を挙げない訳にはいかないでしょう。
「そうだ、京都へ行こう」というフレーズが一時期はやりましたが、それが成立するくらい、京都という場所には行く事が当たり前のような雰囲気があります。
それは、「京都=観光名所」という公式を、長年の積み重ねによって築いたからです。
特にお年寄りの方は、こういった歴史の重みを大事にしますので、京都に好んで旅行に行く人は多いようです。
それに平行して、京都はとても「和」を重視している都道府県と言えます。
この「和」は「和風」の和でもあり、「平和」の「和」でもあります。
日本古来の良さ、美しさを絶やす事なく守り続け、常に平和な空間を提供しています。
これによって、安心して旅行にいけるという心理が旅行先を探している人に与える事ができるのです。
旅行には、刺激を求める人と、癒しを求める人がいます。
京都は主に後者を求める人が多く訪れます。
ですから、桜や紅葉などといった自然も非常に豊かで、紅葉の時期は特にその紅葉の映える風景を見に、たくさんの人々が訪れます。
そんな京都のオススメの極上お食事処をご紹介します。

スポンサードリンク

京料理 菊乃井

京都府の魅力の一つに、食事処が豊富であるという事が挙げられます。
日本屈指の観光名所が立ち並ぶ京都府は、観光客が毎月沢山訪れるので、自然と食事と頃も増えるという事ですね。
特にこの京都府という土地は、京料理や甘味が有名なので、そういった料亭や甘味処が客足を伸ばしているようです。
そんな京都府では、特に紅葉シーズンになると、年配の方の観光客が急増します。
お寺とその周りの紅葉を見にくる人たちで、街中はごった返しになります。
その年配の観光客が食事処として選ぶのは、やはり京都を代表する京料理を置いているお店でしょう。
紅葉を見学して目の保養が終わったら、今度は舌を満たそう、というわけです。
京都の食事処で、京料理を扱っている有名なお店というと、いくつも存在しています。
その中でも特に人気が高いのが、「菊乃井」というお店です。
東山区祇園にある本店は非常に歴史が長く、伝統のある料亭です。
やはり老舗という事で安心感が違うのか、リピーターが数多く見えるのが特徴的です。
味はさることながら、ロケーションも抜群で、賑やかさとは無縁の閑静な環境で食事できるのも、年配の方に向いていると言えるでしょう。
料亭なので当然料金は高めで、お昼でも4000円以上は最低掛かります。
もちろん、この値段設定で十分満足できるお客がほとんどだからこそ、長年続いているお店となれたわけですので、これを高いと思う人はいないというくらいの料理が並ぶというわけです。

京極 かねよ

観光客がどの料理店を選ぶという基準は、もちろん味や料金、あるいは駐車場の有無などの立地条件が重要でしょう。
ですが、一番なのは、その料理店でしか食べられないメニューの存在ではないでしょうか。
他にいくらでもあるメニューより、この店ならでは!という料理があれば、やはり底に足を運びたくなるのが人情というもの。
当然、そういったメニューあり、更にそれが人気の高いというお店となると、連日店内は活気に満ち溢れる事でしょう。
得に京都府の場合は、紅葉シーズンに観光客が押し寄せるので、そういったお店は大人気となります。
京都府京都市中京区の六角通新京極東入松ケ枝町にお店を構えている「京極かねよ」などは、その代表例といえるでしょう。
ここの名物メニューは「きんし丼」です。
この「きんし丼」とは、極上のうなぎを使ったうな丼に、フワフワの卵を乗せた丼です。
ウナギは、そこらの養殖ものとは違い、泥臭さは皆無で弾力性に富んだ引き締まった身をしているので、ウナギ本来の旨みと歯ごたえをしっかり味わえます。
しかし、中にはウナギの濃い味が苦手、という人もいるはず。
そんな人の為に、卵とじがなされているのです。
卵は濃厚な味のようで、その実濃い味をうまく調和し、やわらかい味にしてくれる効果があります。
この「きんし丼」はまさにその効果を最大限発揮した丼と言えるでしょう。
紅葉シーズンの京都府を訪れた際は、紅葉見学で消費したエネルギーを是非この「きんし丼」で補給してみてください。









Copyright © 2007 京都 極上のお食事処